銀行本体が行っているフリーローンなら年収枠も気にせず利用できます

自由な目的で気軽に借りれることで、利用者が増加しているフリーローン。銀行系が活発になって、いままでの消費者金融のブラックなイメージも払拭されてきていますね。

 

フリーローンは審査が他のローンより簡単で借りやすいことも人気の秘訣ですが、当然ながら返済できる見込みがあるからこそ融資を受けられるわけで、誰でもいいわけではありません。安定収入があり、その額が大きい方が返済能力があると判断され、審査は通りやすくなります。また限度額も大きくなり、金利も低金利で有利な条件で借りることができます。

 

ただし、いくら年収が高くても、複数のローンを利用していたり、住宅ローンのような大きな融資を受けていると、融資が受けられなかったり、融資額が少なくなったりする場合はあります。

 

よく「年収が低いけど審査に通るか?」「いくらなら大丈夫か?」という質問がありますが、年収の金額そのものよりも、年収に対して無理のない返済ができるのかどうかが重要なポイントとなっています。年収が低くても他の条件などで確実に返済できると判断された場合は、審査は問題ありません。

 

基本的に、銀行本体が行っているフリーローン以外の銀行系やノンバンク系は、平成22年に完全施行された改正貸金業法の「総量規制」で、個人の借入総額は「年収などの3分の1まで」と定められています。例えば年収300万円の場合、100万円の借り入れが可能ということです。

 

銀行系のフリーローンでは総量規制は関係ありませんが、複数借り入れしている場合や、他社ローンの返済額の合計が100万円を超える場合など審査内容如何では、年収確認書類が必要になる場合もあります。「原則、300万円以下のご融資、年収確認書類不要」といった打ち出しをしている金融機関もありますが、この場合も同じです。

 

万が一年収が原因で審査に落ちたと思われる場合は、無理な融資であることを理解して、融資計画および返済計画を見直した方が安心です。

ランキング


ホーム RSS購読 サイトマップ