銀行フリーローンと銀行系フリーローンの違いとは

ちょっとお財布がピンチの時や、急な出費にも対応できるフリーローン。従来は消費者金融が中心でしたが、現在は、銀行や信託銀行など他の金融機関もサービスを提供しています。

 

銀行が関係しているフリーローンにも種類があって、銀行が直接行っているフリーローン、カードローンの他に「銀行系」と呼ばれる商品があります。これは消費者金融が銀行グループに入って営業を行っているケースです。有名なところでは三菱UFJフィナンシャル・グループの「アコム」や三井住友フィナンシャルグループ「プロミス」があげられます。

 

銀行や銀行系のフリーローンはやはり信用力があるので、「ノンバンク系の消費者金融から借りるのはなんだか不安」という方でも借りやすいと思います。

 

消費者金融のフリーローンの場合、平成22年6月18日より完全施行された改正貸金業法の「総量規制」によって、個人の借入総額が年収などの3分の1までに制限されています。また1社での残高が50万超になる借入や、他社との合算が100万円を超える残高の場合、年収等の資料提出が必要ですし、借入金額が3分の1を超えている場合、借入残高が年収の3分の1になるまで新規の借入ができない、といった制限がかかります。

 

銀行系消費者金融のフリーローンも総量規制の対象ですが、銀行本体が行っているフリーローンは、総量規制の対象外で、年収の3分の1以上の金額を利用する事が可能です。

 

銀行フリーローンの最低金利の目安は5.0%前後で、銀行系フリーローンよりもさらに低い金利です。融資限度額は銀行系フリーローンより多く設定されているので、より多くの融資を受けたい場合は銀行本体で申し込むことをお薦めします。

 

銀行フリーローンは、銀行系や消費者金融フリーローンより審査基準が厳しく、審査時間も数日かかるところがあるのでそこは注意が必要です。ただ最近はフリーローンも競争が厳しくなっているせいか、全般的に以前より条件がゆるくなる傾向がみられます。

 

消費者金融、銀行、銀行系でそれぞれメリット・デメリットがあります。商品バリエーションも増えているので、自分にあったフリーローンを選んでくださいね。

ランキング


ホーム RSS購読 サイトマップ