フリーローンならアルバイトでもパートでもOK!

「フリーローンってアルバイトだと無理?」「フリーローンはパートでは借りれませんよね?」こんな質問をよく目にします。結論からいえばアルバイトでもパートでも審査を受けることは可能ですし、それに通れば融資は受けられます。

 

最近は、「パートの方やアルバイトの方も申込み可能」をしっかりうたったフリーローンもあるので、助かりますね。

 

ただし正社員でない場合、「安定した収入の有無」のチェックで落とされる危険はあります。フリーローンの審査では、定収入があれば正社員以外のアルバイトでもパートでも問題ありませんが、それがなくて返済の手だてやメドが見えないと、一気に難しくなります。

 

また定収入があってもその金額に応じて融資額は変わるので、思った金額が受けられない場合もあります。借り過ぎて返済できないことを防ぐ意味で大切なポイントでもあるので、審査に落ちたら「無理な融資だったのか」と希望額を見直すことも重要です。

 

他にも勤続年数が少ないと、借り入れが難しいケースもあります。すぐに辞めてしまったり、転職歴が多いと返済期間内で返せない場合もあるので、防止策となっています。

 

アルバイトで定収入があっても、返済能力が低いと判断されると審査に落とされてしまいます。たとえば複数のフリーローン業者からすでに借り入れしていたり、ローンの返済で延滞したことがあったり、別の融資でローンを返済したことがあると、審査のチェックは厳しくなってしまいます。

 

これらのマイナス情報はブラックリストとして金融機関間で共有化されているので、過去にそうした記録がある場合は、審査が比較的やさしい、いわゆるノンバンク系の消費者金融のフリーローンに申し込んだほうがよいかもしれません。ただし、審査があまい分、金利は銀行系より高めなので、利用する時は金利を含めて返済可能かどうか検討のうえ申し込む必要があります。

 

なお、ブラックリストの記載情報は、その後きちんと返済したり、一定期間がたつと消去される場合もあるので、将来も考えてなるべくきれいな借入履歴で審査が受けられるよう心がけましょう。

ランキング


ホーム RSS購読 サイトマップ